男性と女性

健康的に痩せることが大事な肥満体|無理せずダイエットしよう

女性ホルモンを増やす

女性

年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌量が低下してくるので、様々な体の不調が見られるようになります。女性ホルモンを増やすためには、無理のない運動を続けたり、ビタミンやミネラル、食物繊維が含まれた食品を食べることが大事です。

快適な睡眠をとるために

ベッド

人に欠かせないものといえば、食事がありますが、睡眠も大切なものです。しっかり睡眠をとり体の疲れをとれるようにするためにも、高反発マットレスに注目が集まっています。

筋肉を休ませる事が出来る

寝室

腰痛や疲れがとれない方に使用してもらいたいのが、モットンの耐久性に優れた商品です。日本人の体型に合った睡眠姿勢を維持できる作りになっているので、腰痛を解消することが可能になります。

今年こそ痩せる

お腹

健康的に痩せるために

肥満解消には運動療法と食事療法がありますが、始める時にはいくつか注意点があります。まず運動療法ですが、いきなり激しい運動をしてはいけません。肥満体型では、腰や膝にかかる負担が大きく、激しい運動を始めることで傷めてしまうことがあるからです。運動療法を始める時は軽い散歩やウォーキング、水中散歩など負荷が小さい運動から始めましょう。体が慣れてきたらジョギングや負荷が大きい運動に進むようにしましょう。食事療法は比較的簡単に始められるダイエットですが、極端な食事制限や偏った食事では体重は減っても健康に問題が起こります。特にダイエットサプリメントのみに頼るだけでは効果は十分に発揮されません。また脂肪を筋肉に変える過程には、良質なたんぱく質とバランスの良い栄養素が必要です。健康的に痩せるために栄養素を満遍なくとるようにしましょう。

食事と運動を並行して

運動療法と食事療法を並行して行う時に気を付けたい事は摂取エネルギーより消費エネルギーを増やすことです。運動したからといって多めにエネルギーを取っていては元も子もありません。肥満の改善に良いとされる食事には和風の食材を使用した料理が良いとされています。和風の食事には野菜や海藻、大豆といった低カロリーで高栄養のものがたくさん含まれています。主食もパンや白米より、玄米やライ麦といった消化に時間がかかるものを選ぶようにしましょう。逆に洋風の食事には油を多く使う料理が多いためカロリーが高い傾向にあります。肥満体型の人は洋風より和風の食事をとるように心がけましょう。またスナック菓子やインスタント食品にも肥満の原因につながります。お菓子はドライフルーツやナッツといった添加物の少ない食品を選びましょう。